新型コロナウイルス感染症対策

感染防止等の対応について
・全教職員、全生徒は毎朝検温、マスク着用の上登校し、授業もマスクをして行います。
・消毒液は校舎への出入り口と、各教室に配置し、常に消毒できるようにします。
・消毒液などを使用し、机、椅子、手すり、ドア、スイッチなど生徒が触れる共有部分については、定期的に消毒を行います。
・授業は机の配置を工夫し、可能な限り生徒間の距離を確保します。
・学習活動も密にならないよう、工夫をします。
・体育科や芸術科、家庭科、情報科の活動においては生徒間の距離を適度にとり、指導方法を工夫します。また、共有で使用する物は、定期的に消毒します。
・原則として、教室の出入り口や窓は2方向以上開放し、常に換気します。
・エアコン使用時も室内温度に配慮しつつ適正な換気を行います。
・事務室や食堂、保健室等の対面カウンターには、ビニールカーテンを導入し、飛沫感染を防ぎます。
・昼食時は向かい合っての食事を避け、できるだけ飛沫を飛ばさないために会話を控えるよう指導します。また、自分の机をアルコール消毒し清潔を保つよう指導します。
・「保健だより」などを活用し、新型コロナウィルスについての情報を発信します。また、個別面談や健康観察を行い生徒の体調を把握します。