感染症による出席停止措置について

【出席停止措置】

インフルエンザや感染性胃腸炎などの感染症については、感染の拡大を予防するため、出席停止措置を取ります。インフルエンザとその他の感染症で提出書類が異なりますので、ご注意ください。

<インフルエンザ>
1.出席停止の期間の基準
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあつては3日)を経過するまで
解熱した後2日を経過しても、発症してから5日を経過しない場合は、出席できません

2.出席停止の届け出
インフルエンザに罹患したことが分かり次第、お電話でご一報ください。
届け出書類の提出は治癒後になります。
下記の様式にご記入いただき、治癒後の登校時にご提出ください。
 ① 出席停止措置願い
 ② インフルエンザ(疑いを含む)治癒報告書

詳細は下記の案内文書をご覧ください。
インフルエンザ(疑いを含む)の出席停止の取扱いについて

<その他の感染症>
1.出席停止期間
医師により治癒が確認されるまで

2.出席停止の届け出
感染症に罹患したことが分かり次第、お電話でご一報ください。
届け出書類の提出は治癒後になります。
下記の様式にご記入いただき、治癒後の登校時にご提出ください。
 ① 出席停止措置願い【保護者が記入】
 ② 疾病治療・精密検査証明書【医師が記入】

3.インフルエンザ以外の感染症だった場合、「様式② 疾病治療・精密検査証明書」が無いと、登校を認めることができません

【感染症の予防について】

本校では生徒に対して

  1. うがい、手洗いをする。
  2. 栄養と休養(睡眠)を十分とる。
  3. マスクを着用する(咳エチケットを心がける)。
  4. 人混みや繁華街など不特定多数の人が集まる場所への外出を控える。
  5. 早めに医療機関を受診する。

などを指示し、注意を促しております。
ご家庭におかれましても、下記の予防対策にご協力をお願いします。

1.発熱・咳・全身倦怠感など、インフルエンザの兆候がありましたら、
(1)最寄の医療機関と事前に連絡をとり、保護者同伴のうえ、受診してください。
(2)陰性・陽性にかかわらず、検査結果を本校にご連絡いただきますようお願いいたします。
2.インフルエンザの感染が疑われる場合には、お子様の登校を控えていただきたくお願いいたします。